07806道徳の指導法第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数103
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題(1)
     道徳教育とは、よりよい生き方を求め実践する人間の育成を目指し、その基盤となる道徳性を養う教育活動である※1とされ、その目標を道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行うものであり、道徳の時間はもとより、各教科、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて、児童の発達の段階を考慮して、適切な指導を行わなければならない※2とされる。学校における道徳教育は二重構造とは、この道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育と、特設された「道徳の時間」における道徳教育である。
    学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育について、まず教科指導では、直接的に教科指導を通して道徳教育を行うのではなく、各教科特有の目標を第一にすべきとされる。その教科指導のなかで子ども達の文化的能力と科学的認識能力を発達させ、真に正しい道徳的判断力等を身につけさせ、事もたちの道徳性を高めることを目的としている。総合的な学習の時間においては、道徳教育のあり方については教科指導と同様であるが、様々な体験活動や問題解決的な学習を通して、人間として自分自身がどのように生きていけばい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。