玉川大学 07803 人間の発達と学習 第二分冊目

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数212
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード07803 人間の発達と学習 第二分冊目
    課題①
     まず、「仲間と学ぶ」ことのメリットについて、個人の学習に及ぼす効果では、様々な個性をもった生徒達と共に学ぶことによって、自分自身では持ちえていない情報や意見を得ることができ、授業の理解が深まり、新しい問題に気づくことができることである。また、共に学ぶことによって、競争心や他者からの刺激、影響を受け、1人ではくじけてしまうことも、仲間がいたのでできたという経験をすることができる。私もこのような経験をしており、特に期末試験や受験期に多く経験をしたと思える。仲間と成績を競うことや、共に学習することで意欲を持続することができ、また、お互いに理解が難しい内容を教えあうことで、学習内容の理解を深め、そのことによって交友関係をも深めることも出来たのであったと考えられます。
     教育問題の解決との関連では、いじめや不登校など様々な教育問題があるが、このような問題に対して、学校を生活の場として共同経験をすることを重要視し、学びの共同体と捉えることで、学校における集団関係を意欲や生き甲斐の基盤として捉えることができる。
     次に、デメリットの面につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。