S0534(2014年度) 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数153
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価レポートです。学校カウンセリングの基本的な考え方や、スクールカウンセラーの取り組みについてよく述べられているとのコメントを頂きました。参考文献はテキストのみなので、効率の良いレポート作成に役立つ内容になっているかと思います。

    題:学校カウンセリングの意義・方法および今後の課題について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義・方法および今後の課題について述べなさい。
    カウンセリングとは、心的構造における、イド・自我・超自我のアンバランスを修正することである。広義のカウンセリングでは、なにか心の悩みを解決しれくれたり、自分で解決できない問題に対して相談にのってもらえたりすることが意味される。
    カウンセリングは大きく2種類に分けられる。1つは、治療的カウンセリングである。これは、患者に対してカウンセラーが専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療する。主に神経症の患者が対象である。2つは、発達援助的カウンセリングである。このカウンセリングは、症状や病気を治すことが目的ではなく、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標である。それゆえ、学校カウンセリングといえば、多くの場合この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。児童・生徒の場合、イド・自我・超自我の関係は常に流動的であり発達的である。例え子どもが神経症的な症状や問題行動を起こしたとしても、それは発達段階における一時的なものであり、三者の関係のバランスがとれることで解決すると考える。その為カウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。