佛教大学 S0613(2013年度) 社会科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数203
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『リポート添削・評価の基準および留意点』に基づいて的確に論述されていました。との評価を頂きました。テキストの他に小学校学習指導要領社会編を使いレポートを作成しました。効率の良いレポート作成に役立つ内容になっているかと思います。参考にしてください。

    題:本テキストで述べる社会授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本テキストで述べる社会授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。
    社会科の教科目標は、「社会生活についての理解を図り、我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を育て」という部分と、「国際社会に生きる平和で民主的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う」という部分から構成されている。
    この社会科の目標を踏まえて、本レポートでは初めに社会科授業の基本構造について考えていく。
    まず、社会科授業の基本構造の1つ目は、構造的知識の学習である。単元の学習内容が、構造化された知識として提示されれば、学習内容の定着性・応用度が高まる。構造的知識の学習を高めていく為には、①単元の学習内容構造化、②概念的知識の構造を知識分類、③単元の内容構造モデルにおける問いの構造化が必要とされる。社会科の基礎となるものは、社会諸科学より抽出した概念的知識である。これの構造化ができていれば、単元の授業目標が明確となる。社会科の基本となるのは、学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。