佛教大学 S0536 人権(同和)教育(2013年度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数336
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛大人権同和通信S0536

    代表キーワード

    佛教大学人権同和S0536

    資料紹介

    レポートでB評価を頂いた物です。使った資料は、テキストのみで後はインターネットより題材を見つけて引用いたしました。効率よいレポート作成に役立つ内容となっております。

    題:50年に及ぶ前後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ前後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること
     1965年8月の「同和対策審議会答申」では、いうまでもなく同和問題は人類普遍の原理である人間の自由と平等に関する問題であり、日本国憲法によって保障された基本的人権にかかわる課題であると記されている。①雇用を促進し安定した経済基盤を保障すること、②劣悪な居住環境を改善していくこと、③「同和地区」の子ども達の教育権を保障することという3点が課題とされた。「同和教育」はこの子ども達の教育権を保障することという課題の克服を目指して取り組まれたものである。
    戦後の部落解放運動の大きな転機となったのが、1951年10月に京都でおこった「オールロマンス事件」である。京都市内の被差別部落を題材にした小説がオールロマンスという雑誌に掲載された。京都市衛生局の職員が仕事上で見聞きしていた被差別部落の実態を、その劣悪な生活環境を生み出した背景も踏まえずに差別的な言葉を随所に散らばせ興味本位で描いた。それは、被差別部落に対する偏見と差別意識を助言させるものであった。
    1951年の「同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。