【A判定】 S0105 教育心理学 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数740
ダウンロード数6
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定を頂きました。2013年度最新版です。

    適応・不適応の心理的機制、またそれから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。

    ➀動機づけと欲求の種類・葛藤・欲求不満
    ➁適応機制・防衛機制
    ➂不適応

    このような順番で記述しています。
    「適応把握に必要な各項についての説明がよい」と評価を受けました。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -1 -
    適応・不適応の心理的機制、またそれから引き起こされる特徴的行動に
    ついて説明せよ。
    人は、刻々と変わりゆく様々な環境のなかで生活し、その環境と状況
    に応じた行動を調節していかなければならない。このように、主体とし
    ての個人が、その欲求を満足させようとして、環境諸条件と調和するた
    めにとる行動や態度の調整を「適応」という。
    まずは、このような「適応」の様態に関して、その行動の原因となる
    「動機づけ」と欲求の種類、その対立に起因する「葛藤」や阻害されて
    生じる「欲求不満」について述べたい。それから、対処する仕方を働か
    せる心理的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力である「適応
    機制」と「防衛機制」を見ていき、最後に不適応について述べたい。
    人間や動物の行動の背後には、必ずそれを引き起こす原因がある。行
    動の原 動力 とな る内 的状 態を「動因 」、また は「動機 」と呼び、 その行
    動 を 喚 起 す る 刺 激 と な る も の を 、「 誘 因 」 ま た は 、「 目 標 」 と 呼 ぶ 。 こ
    の「動機」によって人間や動物が「目標」に向かって、ある種の行動に
    駆..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。