イギリス文学史II_分冊2_原稿

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数516
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イギリス文学史II 分冊2の合格リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロマン主義の時代の小説家のオースティン(Jane Austen, 1775-1817)の『高慢と偏見』(Pride and Prejudice, 1812)とヴィクトリア朝時代の小説家のシャーロット・ブロンテ(Charlotte Bronte, 1816-65)の『ジェーン・エア』(Jane Eyre, 1847)を比較する。とくにそれぞれに描かれている女性像について比較したいと思う。
     オースティンの生きた時代はロマン主義の全盛期であったが、そこにフランス革命もナポレオン戦争も影を落とすことがなく、彼女の小説にはそういう時代の雰囲気は全く感じられず、オースティンの描く世界は狭い。しかし、彼女が住んでいたイギリスの田舎の「上流階級」の外見的にはほとんど波瀾のない平凡な家庭生活を、とりわけその子女の結婚問題を中心として描くことによって、人間性の機微を正確に綿密にとらえている。『高慢と偏見』は、再起煥発なヒロイン、エリザベスが、高慢なダーシーに対する偏見や誤解を解く過程を通して、自己や他者、社会とのかかわりにめざめるという筋をもつ。次の『高慢と偏見』の書き出しの引用にあるように、その時代の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。