教育制度論_分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数277
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育制度論の合格リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育制度論(科目コード0912) 分冊1
    横書解答
     現代アメリカのテスト政策の動向をアメリカの連邦政府とマサチューセッツ州を中心に述べよ。特に、参考文献に指定した図書のアメリカに関する各章を読んで、課題に答えること。
    ポイント・キーワードと参考文献
    <ポイント>
    現在、アメリカでは学力向上を目的としたテスト政策が実施されている。このテストは全米隔週で実施されている州テストであり、学区・学校のランキング化、教員評価、高校卒業要件などに利用されている。連邦政府と州のテスト政策の動向について言及すること。
    <キーワード>
     連邦政府、マサチューセッツ州、MCASテスト、NCLB法、学力向上政策
    <参考文献>
     『日米のテスト戦略』北野秋男著(風間書房 2011年)
    ---解答---
    アメリカの教育が直面した状況を背景として現代アメリカのテスト政策の動向を述べる。
     1983年にアメリカ連邦教育省の教育の優秀性に関する全米審議会が報告書に、アメリカの学力低下の現状と要因、そしてその解決策を提言している。それは、アメリカが直面する経済的危機は、教育における汎用主義の浸透のためで、国家将来に対す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。