福祉行財政と福祉計画①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数465
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉行財政と福祉計画①
    「国および地方の福祉財政の実施体制について述べなさい。」

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉行財政と福祉計画①
    「国および地方の福祉財政の実施体制について述べなさい。」
    かつてのわが国における、国と地方自治体の財政を通じた関係は、国が税金の大部分を集めて地方に交付する形を取っていた。すなわち国が歳入・歳出のあり方を一方的に決め、地方自治体は国が決めた施策を分散して実施するといった、集権的分散システムであった。近年そうした体制が見直され、1999(平成11)年の「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」(地方分権一括法)や、2003(平成15)年の「三位一体の改革」によって地方の財政主権が確立されてからは、補助金の廃止や、税源の地方移譲、地方交付税の見直しを一体的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。