地域福祉の理論と方法②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数698
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉の理論と方法②
    1.地域における福祉ニーズの把握と地域福祉を推進するための方法について述べなさい。
    2.地域福祉の評価の方法について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉の理論と方法②
    1.地域における福祉ニーズの把握と地域福祉を推進するための方法について述べなさい。
     
    福祉ニーズとは、生活上特別で個別的な支援や援助の必要性を意味する。地域福祉を適切に展開していく上で、計画策定に先立って地域住民の生活問題を正しく把握し、その地域における福祉ニーズを明確化しておくことは重要である。ブラッドショウは福祉ニーズを4つに分け、①感知されたニーズ(本人が何らか生活上の支障や困難を感知・自覚している)、②表明されたニーズ(本人の自覚があり福祉の相談機関など申し出ている)、③規範的ニーズ(第3者の立場から把握され、社会的な規範や基準などからニーズがあると判断される場合)、④比較ニーズ(第3者による認識のうち、社会の生活水準と比較する中で相対的に定められたニーズ)とがある。他人から見て支援が必要と思われる状態であっても、認識能力の欠如や低下により当事者が現状に問題があると認識していない場合、そのニーズは潜在化してしまうため、早期に見出し、ニーズを専門的な観点から代弁し権利擁護しなければならない。また、近隣住民がニーズの早期発見や問題の深刻化のリスク軽減に寄与..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。