地域福祉の理論と方法①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数799
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉の理論と方法①
    1. 地域福祉の基本的な考え方について述べなさい。
    2. 地域福祉におけるネットワーキングの意義について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉の理論と方法①
    地域福祉の基本的な考え方について述べなさい。
    地域福祉とは、福祉サービスを必要としている個人や家族が地域において自立生活が可能となるために、在宅福祉サービスと保健・医療・その他関連サービスを有機的に結びつけ、近隣住民等によるソーシャルサポートネットワークを組織化し活用していく活動の総称である。またそのために必要な環境醸成を図るとともに、社会資源の活用・社会福祉制度の確立・福祉教育の展開を総合的に行うことも含まれる。地域福祉の主体は①地域住民、②社会福祉を目的とする事業を経営する者、③社会福祉に関する活動を行う者と、大きく3つに分けられ、構成要素としては、①在宅福祉サービス(予防的サービス、専門的ケア、在宅ケア、福祉増進サービスを含む対人福祉サービス)、② 環境改善サービス(物的・制度的施策を含む生活・居住条件の改善整備)、 ③組織活動(地域組織化およびサービスの組織化、管理の統合的運用によるコミュニティワークの方法技術)が挙げられる。
    平成12年、社会福祉法の改正・改称により、「地域福祉」が法目的に位置づけられ明文化されるとともに、地域福祉計画が規定され、行政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。