精神保健福祉論③

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数150
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉論③
    1.精神保健福祉関係の法規の概略とその理念について述べなさい。
    2.精神保健福祉関係の施策について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉論③ 1.精神保健福祉関係の法規の概略とその理念について述べなさい。
     1950年代半ば以降、薬物療法をはじめ精神科治療において進展が見られたが、わが国の精神保健福祉行政は精神障害者を「病者」として位置づけ、精神科病院での医療保護を施策の基本としていた。精神障害者の権利擁護について国際的にも認識が改められる動きの中で、わが国では地域生活に向けての支援施策の不備による入院の長期化や、宇都宮病院事件をはじめとする精神科病院での不祥事の多発等問題に直面し、内外からの大きな批判を受け、1987年に精神衛生法から精神保健法へと改正が行   われた。この改正では、精神障害者の人権擁護と社会復帰促進をテーマとして、①国民の健康の維持・増進②国・地方公共団体・国民の義務③精神障害者本人の同意に基づく任意入院制度を創設④精神科救急に対応するための応急入院制度が明確化された。
     その後、1993年に障害者基本法が制定、精神障害者が障害者として明記され、福祉の対象とされたことを受け、1995年には精神保健法から「精神保健および精神障害者福祉に関する法律」(精神保健福祉法)へと改正、精神障害者保健..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。