精神保健福祉論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数258
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉論②
    1. 精神保健福祉士の役割と意義について述べなさい。
    2. 精神障害者に対する相談援助活動について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉論②
    精神保健福祉士の役割と意義について述べなさい。 
    高齢者や障害者に対して、保健、医療、福祉サービスの統合化の必要性が指摘されて久しいが、わが国の専門職の国家資格制度においては、保健医療領域と福祉領域の間に厳然とした境界線が引かれてきた。1997(平成9)年に成立した精神保健福祉士法は、まさに保健医療と福祉にまたがる専門職として、精神科ソーシャルワーカーの国家資格を定めたものであり、画期的な資格制度の登場であった。従来のわが国の精神障害者の現状として、諸外国と比べ入院治療が多く、また入院期間が長期に渡ることが指摘されてきた。精神保健福祉士法成立時の精神保健福祉士に期待された最大の意義は、他職種と連携し、長期入院者の社会復帰の促進と、地域への移行支援を促進することであった。
    その後、精神保健福祉士は、精神医学ソーシャルワーカー協会を中心として、精神科ソーシャルワーカー(PSW)としての業務が検討され、専門性を有する業務として発展してきた。精神保健福祉士法第2条の定義において、精神保健福祉士の業務は「精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、または精神障害社の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。