精神保健福祉援助技術総論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数134
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉援助技術総論①
    「精神障害者に対する社会福祉サービスのあり方について述べなさい。」

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉援助技術総論①
    「精神障害者に対する社会福祉サービスのあり方について述べなさい。」
    はじめに言葉の定義であるが、精神障害とは、統合失調症、気分障害(うつ病など)等のさまざまな精神疾患により、継続的に日常生活や社会生活に支障がある状態をいう。また、社会福祉サービスとは、ここでは国の示している精神障害者に対する福祉サービスとして、障害者自立支援法(障害者総合支援法)で定められた各種支援として捉えることとし、そのあり方について考えていきたい。
    障害者自立支援法の趣旨としては、①障害者施策に精神障害者施策を含めて三障害の一元化と市町村への実施主体の一元化、②利用者本位のサービス体系に再編、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。