精神科リハビリテーション学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数91
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーション学① 1.リハビリテーションの歴史について述べなさい。
    「リハビリテーション」の語源は、“re(再び)”、“habilis(適した、ふさわしい)”、“-action(すること)”で構成され、「再び適した状態にすること」であり、何かを喪失して再びそれを回復することを指す。中世ヨーロッパでは、「身分、地位、資格の回復」とりわけ「宗教的な破門の取り消し」という意味で使われ、近代に入り「名誉の回復」「公民権の回復」の意味にも拡大された。今日医療・福祉領域で用いられる「リハビリテーション」については、歴史的には、戦傷者の職場復帰のために始まり、その後、広くすべての障害者の復権を理念にその意味も変化してきた。
    リハビリテーションについて早期に定義したのは1942年の全米リハビリテーション協議会においてであり、「障害者が可能な限り、身体的、精神的、社会的および経済的に、最高限度の有用性を獲得するよう回復させることである」とされた。つまり、リハビリテーションとは、単に運動機能の回復や疾病の解消といった医学的アプローチだけではなく、地域社会における生活を通して生活の質( QOL)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。