精神保健福祉援助技術各論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数205
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉援助技術各論①
    「精神障害者に対する各専門援助技術の方法について述べなさい。」

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉援助技術各論①
    「精神障害者に対する各専門援助技術の方法について述べなさい。」
     精神障害者に対する各専門技術の方法としては、大きく分けて、①個別援助技術(ケースワーク)、②集団援助技術(グループワーク)、③地域援助技術(コミュニティワーク)、の3つがある。
    ①のケースワークとは、精神保健福祉士が行う最も基礎的な援助技術として位置付けられ、ケースの全体を把握しながらその援助過程の緊急性や継続性などの評価を行い、相談者や各援助機関や支援との調整をはかる一連の関わりの過程をさす。一般的なケースワークの過程としては、「インテーク」にて主訴及び緊急性などの現状確認や相談者との合意形成を行っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。