精神科リハビリテーション学②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数244
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神科リハビリテーション学②
    1.精神科リハビリテーションにおける精神保健福祉士の役割について述べなさい。
    2. 国内外における精神科リハビリテーションの動向について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーション学②
    1.精神科リハビリテーションにおける精神保健福祉士の役割について述べなさい。
    精神保健福祉士は、社会福祉学と援助技術を基本とした社会福祉士との共通基盤を有したうえで、精神保健福祉についての専門的知識と姿勢を持って、クライエントを支援していく専門職である。その役割は単なる社会福祉士の精神科医療への拡大ではなく、精神保健医療と福祉の両面にまたがるソーシャルワーカーとしての役割が期待されている。その中心は精神科リハビリテーションと生活支援の推進である。
    社会福祉士もまた、「精神上の障害がある」者に対する相談、助言、指導などがその業務に含まれているが、その対象に入院中の者や社会復帰途上の精神障害者は含まれていない。一方、精神保健福祉士が主に対象とする精神障害者とは、疾患と障害が並存する利用者であり、そのアプローチは「生活のしづらさ」を見据えた生活問題に対応していくことが不可欠である。この「生活のしづらさ」とは自我機能の低下や認知障害、不安定で繰り返しやすい精神症状などの精神疾患や、社会生活技能の低下、対人関係能力、社会適応能力などの活動の制約等に起因しているため、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。