人体の構造と機能および疾病①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数378
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人体の構造と機能および疾病①
    1.心身機能と身体構造についてその概要を述べなさい。
    2.国際生活機能分類(ICF)の概要について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人体の構造と機能および疾病①
    1.心身機能と身体構造についてその概要を述べなさい。
     心身機能とは、身体系の生理的機能(心理的機能を含む)である。身体構造とは、器官・肢体とその構成部分などの、身体の解剖学的部分である。身体構造を大きく分けると、内臓などの各器官と、それらを覆い支える支持運動器官、外からの刺激を情報として受け取る感覚器とがある。各器官のうち、循環器と神経が全身に分布し、鼻と口の呼吸器、胸部の肺、消化管と消化吸収を助ける臓器からなる消化器官がある。また、ホルモンを分泌する内分泌器官がある。以下に、それらの身体構造と機能の概要を述べる。
     循環器系のうち、血液を流すポンプの役割をするのが心臓であり、心臓から送り出される血液を通す動脈と、戻る血液が通る静脈とで、全身にくまなく血液が行き渡るようになっている。血液の成分は血球(固形成分)と血漿(液体成分)とに分かれる。血球のうち赤血球は呼吸によって取り入れた酸素を全身に送る役割を担っている。白血球は顆粒球と無顆粒球とに分類され、顆粒球は細菌等の異物を食べたり壊したりする。無顆粒球は免疫に関与し、抗体を産生する。血小板は欠陥の損傷部..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。