社会理論と社会システム②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数355
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会理論と社会システム②
    「社会理論に基づく自立と社会参加の実現をはかる社会づくりについて述べなさい。」

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会理論と社会システム②
    「社会理論に基づく自立と社会参加の実現をはかる社会づくりについて述べなさい。」
    現代の日本は、戦後の高度経済成長を経て、都市化と核家族化の進展や産業化、国際化の中で、少子高齢化が進み、人々の「豊かさ」の価値観や生き方の選択も多様化し変容してきている。こうした背景の中で自立や社会参加を考える際に重要となるのが、「異質性の尊重」そして「他者性の重視」という認識である。そしてこうした意識を支えるのが人間相互の「権利の尊重」という考え方であり、「共生社会」というキーワードに集約される。
    共生社会とは、異質で多様な人々がお互いの多様性を前提とし、また尊重し合いながら、自分たちの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。