権利擁護と成年後見制度②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数482
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    権利擁護と成年後見制度②
    「権利擁護活動に関する精神保健福祉士の役割について述べなさい。」

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権利擁護と成年後見制度②
     権利擁護活動に関する精神保健福祉士の役割について述べなさい。
     精神保健福祉士にとって精神障害者の人権の尊重は最も大切なことである。精神保健福祉士が関わる対象として多くを占める精神障害者の人権は、長年に渡って侵害されてきており、今なお差別と偏見や誤解が多く見られる。彼らの人権が援助対象者(クライエントとして尊重されるべきはもちろん、人として成長し続け、一回の生を営む、かけがえのない1人の人間として尊重されなければならない。精神保健福祉士は精神障害者の権利擁護の立場から、医療場面や福祉サービス利用の場面で最大限の配慮がなされるように努力するとともに、地域生活支援の活動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。