権利擁護と成年後見制度①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数164
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    権利擁護と成年後見制度①
    「相談援助活動において必要と思われる法律問題について述べなさい。」

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権利擁護と成年後見制度①
    「相談援助活動において必要と思われる法律問題について述べなさい。」
    相談援助活動の実践において必要と思われる法律問題のうち、精神保健福祉士として関わる障害福祉サービスの利用援助において不可欠な成年後見制度について述べたい。
    平成12年の社会福祉基礎構造改革によって、介護サービス、障害福祉サービスなどの利用システムがこれまでの措置制度(行政処分)から契約制度に転換した。これにより、障害者、高齢者サービスにおいては契約が中心的なシステムとなり、市町村がサービス決定を行い、サービスの利用者と事業所(サービス提供者)との契約によってサービスが選択・利用されるシステムとなった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。