精神保健福祉論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数141
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉論①
    1.障害者福祉の理念と意義について述べなさい。
    2.精神障害者の人権問題について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉論①
    1.障害者福祉の理念と意義について述べなさい。
    障害者福祉の基本的な理念として一番大きなものは1950年代の前半デンマークで知的障害者の親の会の運動から生まれた「ノーマライゼーション」理念である。これは障害を持つ人も持たない人も等しく一人の人格をもつものであり、同じように生活する権利をもつものであるとの思想であり、世界各国の障害者福祉政策・社会福祉政策に大きな影響を与えた。その意義の主たるものは次の2つである。
    第一は、市民としての基本的人権の保障を、障害のある人々にも同じように保障すべきだということが、国際的に認識されたことである。ノーマライゼーション理念は1960年代に入るとスウェーデンのニイリエによってより高められ、さまざまな国や機関、さらに知的障害者以外の領域にも取り入れられるようになった。1968年にはノーマライゼーションの思想を具体化するものとしてスウェーデンで「知的障害者援護法」が制定され、これは居住環境の改善や全員就学といった「保護」から「援護」への理念の変化をもたらした。国際連合でも、1971年「知的障害者の権利宣言」、1975年「障害者の権利宣言」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。