精神保健学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数101
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健学①
    1. 精神保健の意義と実践活動について述べなさい
    2. 人生周期における精神保健活動について述べなさい

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健学①
    精神保健の意義と実践活動について述べなさい
    精神保健の意義とは、精神科的な疾患や症状について、予防や早期発見、早期治療に努めるよう検診や指導を通して援助を行うことや、普段から国民一人一人がメンタルヘルスを自分で守ることを推奨することにあるといえる。
    近年わが国では急速な少子高齢社会化が進み、生活様式や生活習慣自体が急速に変化してきていることから、疾病構造も大きく変化してきている。生活習慣病の増加によって「生涯にわたっての生活指導」といった、生活様式や生活習慣の改善が保健活動の主な活動にシフトしてきている中、メンタルヘルスの分野における保健活動の意義も大きくなり、またその保健活動の変容を求められてきている。従来の精神科医療では、身体的な疾患への精神的な関与は軽視されがちであり、ともすると社会的な不適応は精神科医療に押し付けられ、精神障害は感染症などとともに「自傷・他害のある疾患」として差別的な待遇をされる風潮が多く見られていた。しかし近年精神疾患の増加に伴い医療分野の精神疾患の解明や社会の理解が進んできたこともあり、現在法制度の整備が進められ、医療・福祉分野の連携が重要な課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。