精神医学②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数89
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神医学②
    1. 精神障害の治療法について述べなさい。
    2. 最近の精神医療の動向について述べなさい

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神医学②
    精神障害の治療法について述べなさい。
     精神障害の治療法には、大きく分けて、精神療法と身体療法、環境・社会療法の3つがある。
    精神療法とは心理面に働きかけるもので、専門的な知識と技術をもった治療者が患者のもつ心理的困難を治療者と患者の間で展開する職業的関係を通して改善していく接近法である。その目標は一般に不安や葛藤の軽減、適応能力の向上、人格の修正・成長におかれるが、そうした変化を支える心理的メカニズムとして、情緒的支持、カタルシス、訓練(再教育)、自己洞察などがあげられる。特に設定された面接場面ではなく医療の場面でなされる一般的なやりとりやふれあいのなかでなされる普通の精神療法を含んだものを支持的精神療法といい、患者の弱体化した自我を支えることを主な目標とする。それ以外の特殊な精神療法には、精神分析や行動療法などがあるが、いずれも臨床経験と理論化が積み重ねられるなかで体系化されたもので、その方法の取得には修業的なトレーニングを必要とする。
    一方精神科における身体療法とは脳に働きかける治療であり、現在の主体は薬物療法である。精神機能に影響を及ぼす薬物を広く向精神薬といい、精..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。