精神医学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    精神医学①
    1.精神障害の成員と分類について述べなさい。
    2.精神障害の診断法について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神医学①
    1.「精神障害の成因と分類について述べなさい」
     まず、精神障害の成因であるが、大きく身体因(外因、器質因ともいう)、内因、心因の3つに分けて考えられている。身体因とは脳に限らず広く体の病変が精神障害の原因になるものをいう。例えば多発性脳梗塞が原因で起こる認知症や、覚せい剤の乱用が原因で起こる幻覚妄想状態がこれに当たる。内因とは精神障害を起こしやすい個人の素質をいい、遺伝素因の関与が考えられるものである。この点で内因は身体因に含まれる性質を持っており、身体因との区別があいまいなところもある。心因とは、心理的な要因が精神障害の原因になるものである。例えば職場や学校でのいじめによるストレスが重なり抑うつ状態になるなどである。
    精神障害の発症にはこれらが単独の成因としてではなく、多次元的な成因として働くものであるとして、多次元診断の重要性が認識されている。それらを示す脆弱性ストレスモデルでは、精神障害はその種類により程度の差はあるが、精神障害を起こしやすい脆弱性を持つ個体に、身体的・心理環境的ストレスが関与して生態のホメオスタシスが崩れる事で発症あるいは再発することが多いものであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。