社会保障②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数315
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会保障②
    1.社会保障制度の体系と内容について述べなさい。
    2.わが国の社会保障制度の今後のあり方について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障②
    社会保障制度の体系と内容について述べなさい。
     社会保障制度の体系は、その仕組みから社会保険と社会扶助という2つの体系に大別される。社会保険とは、あらかじめ保険料を拠出しておき集団でリスクを分散する仕組みを用いて、保険料を財源として給付を行う方式である。一方社会扶助とは、租税を財源にして、国や地方自治体の施策として国民や住民に対して現金の給付またはサービスの提供を行う仕組みである。以下でそれぞれの方式によって運営されている制度について概観する。
    まず社会保険に基づく制度として年金保険、医療保険、介護保険、雇用保険、労働者災害補償保険の5つがある。このうち、年金保険とは、働ける現役時代に保険料を拠出し、労働収入が得られなくなる高齢期に現金給付を受ける制度である。医療保険とは、あらかじめ保険料を拠出し、疾病にかかったり障害を負ったりした場合に必要となる医療費の一定部分について保険から給付を受けるものである。介護保険は、原則として40歳以上の人が被保険者であり、介護が必要となったときに要介護認定を経て、居宅サービスや施設サービス等の介護サービスを利用することができるものであるが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。