「保健医療サービス」①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数258
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    保健医療サービス①
    保健医療制度の内容について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保健医療サービス」①
    “保健医療制度の内容について述べなさい。”
     
    保健医療制度の内容として、そのサービスの体系とその概要について述べる。
    まずわが国の保健医療サービスの基本体系は、「被保険者」(患者)、「保険者」、「保険医療機関」(医療機関、医療専門職者)、「審査支払機関」の4者からなっている。通常国民は「被保険者」として国民健康保険や組合健康保険などの「保険者」に保険料を払い、ひとたび病気になると「患者」として「保健医療機関」を受診し保健医療サービスの提供を受ける。医療機関窓口での支払いは一部負担で済み、保険医療機関は残りの費用を社会保険診療報酬支払い基金や国民健康保険団体連合会といった「審査支払い機関」に診療報酬として請求し、請求書は審査支払い機関の審査を経て、保険者に送付される。これをもとに保険者が請求金額を審査支払い機関に支払い、審査支払い機関はこれを各保険医療機関に診療報酬として支払うという仕組みになっている。
     このような保健医療サービスの仕組みを経済的に支える医療保険の体系は、年齢別・職業別に区分されている。大きくは75歳未満の民間企業のサラリーマンや公務員の加入す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。