「低所得者に対する支援と生活保護制度」②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数501
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    低所得者に対する支援と生活保護制度②
    生活保護制度の仕組みと現状について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「低所得者に対する支援と生活保護制度」②
    “生活保護制度の仕組みと現状について述べなさい。”
     
    まず、生活保護法の目的は、生活に困窮する国民の健康で文化的な最低生活を保障することを権利として認めるとともに、それらの人々の自立の助長を図っていくこととされている。そのため基本原理として「国家責任の原理」、「無差別平等の原理」、「最低生活の原理」、「保護の補足性の原理」の4つを規定している。保護の開始は原則申請制であるが、保護の実施機関が、要保護者が急迫した状況にある場合に申請がなくても必要な保護を行う「職権保護」の措置もある。保護の要否を決める保護基準は要保護者の最低生活需要に対応してきめ細かく分けられ、世帯別、世帯人員別、地域別、寒冷地区別に設定される。保護は要保護者の年齢別、性別、健康状態等その個人または世帯の実際の必要の相違を考慮し、有効かつ適切に行うものとする「必要即応の原則」、世帯を単位としてその要否および程度を定める「世帯単位の原則」の規定において実施される。なお例外的に、個人を単位として別世帯と同じように取扱う「世帯分離」の措置を取ることもある。
    最低生活費は具体的には、生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。