「現代社会と福祉」②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数574
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代社会と福祉②
    最近の福祉政策の動向について述べなさい。

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代社会と福祉」第2回テーマ“最近の福祉政策の動向について述べなさい”
    最近の福祉政策は、急務である少子高齢化社会への対応が大半を占めている。以下では1990年代以降の福祉政策の展開について、所得保障、医療保障、社会福祉という3つの政策分野に分けて述べた上で、最後に近年の動きとして近年取り組まれている分野横断的な政策展開について述べる。
    まず所得保障政策についてである。少子高齢化をはじめとする環境変化に対応するため、1980年代後半から段階的に年金制度(国民年金保険法・厚生年金保険法など)の改正が進められてきたが、これまでの年金制度は典型的なリスクに社会的・集合的に備えようとしてきたものであり、人々の暮らしがより多様化する中、そのセーフティネットとしてのあり方が問われている。一方、公的扶助制度の問題もある。これまで事実上「働けない人々」だけをターゲットとしてきた生活保護制度だが、「自立/依存」の二分法に収まらない人々の増大・再発見を前にして、生活保護の「自立」支援に、日常生活において自立した生活を送るための支援や、社会的つながりを回復・維持するなど社会生活における自立の支援をも含むと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。