社会保障①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数309
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障①
    1.“現代社会における社会保障制度の意義について述べなさい”
    2.“社会保障の財源と費用について述べなさい”

    平成23年度精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.現代社会における社会保障制度の意義について述べなさい。
    現代社会において、社会保障制度は幅広く国民の生活の根幹を支え社会全体にも大きな影響を持っている。
    わが国で初めて社会保障の整備が始められたのは第二次世界大戦後、経済の混乱、国民生活の疲弊といった社会経済情勢の中であり、当時はいかにして貧困な状態にある者に最低限度の生活を保障するかということを社会保障の基本理念としていた。
    その後、1960年代には、貧困の救済から防貧へと力点がおかれるようになり、対象者の範囲も制度の給付内容や給付の水準も拡大していった。そして経済成長や少子高齢化など社会情勢の変化を経た現在では、社会保障制度は広く国民を対象にして、個人の責任や自助努力では対応しがたい事態(リスク)に対し、公的な仕組みを通じて給付を行うことにより、健やかで安心できる生活を保障することを基本理念としている。すなわち、すべての国民がさまざまなライフステージの中で、病気や事故、出産・子育て、障害、失業、老齢などで生活が不安定になったり社会的な支援が必要になったりしうるというリスクを抱えているが、そうしたときに不安定な状況から脱し健やかで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。