現代社会と福祉①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数366
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代社会と福祉①
    “現代社会の福祉制度の概要について述べなさい。”

    平成23年度精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代社会と福祉」“現代社会の福祉制度の概要について述べなさい。”
    まず、今日の社会福祉の制度的基盤をなすものとして、社会福祉法制度がある。社会福祉法制度全般に関わる理念(基本理念・福祉サービスの原則など)や基盤(福祉事務所・社会福祉法人・社会福祉協議会など)は「社会福祉法」によって規定されており、それらを踏まえて各分野の制度が形成されている。2000(平成12)年の社会福祉基礎構造改革では、社会福祉の基調を地域福祉にすることが明確にされ、さらに行政主導型の措置制度によるサービス提供方式から利用者本位型の利用契約方式に転換されるなど基礎構造が大きく転換された。なお、わが国の社会福祉法制度の特徴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。