低所得者に対する支援と生活保護制度①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数358
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    低所得者に対する支援と生活保護制度① 
    “低所得階層の生活実態とそれに影響を及ぼしている諸要因について述べなさい。”

    精神保健福祉士養成専門学校の課題です。資料をそのまま複写することはおやめください。資料の中の統計データの整合性や、最近の福祉行政の傾向反映等には一切責任を持てません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「低所得者に対する支援と生活保護制度」第1回テーマ“低所得階層の生活実態とそれに影響を及ぼしている諸要因について述べなさい。”
    まず「低所得階層」の定義であるが、これは人々の集合体について、「社会階層」概念を使用して述べた言葉である。一般に「社会階層」とは、職業・所得・社会的威信などの共通性を有した集団を言うが、所得というフローの側面に視点を当てて表した場合に、低所得とは、所得が相対的に低いことによって社会生活が十分維持できない階層としてとらえることができる。社会福祉の制度概念においては、一般的に最低生活水準以下の生活状態にある層を「貧困層」(要保護層に相当)とし、それと同等あるいはそれに近い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。