女の目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数200
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    歴史的文献である源氏物語から、当時と現代の男女性差について考察する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    女の目
    参考文献:紫式部『源氏物語』
     源氏物語という作品には大変多くの女性が登場する。そしてその中のまた多くが、物語の主人公・光源氏を愛し、また彼からも愛されて物語は進む。まるでこの世は我が世とばかりに世間の名を欲しいままにした光源氏と、彼に愛された数多の女性達が世間の目に大変魅力的に映るであろうことは言うまでもない。物語の展開としても大変楽しめる作品であるし、以前は私の目にも、光源氏というキャラクターは大変魅力的に見えた。彼に恋い焦がれる女性達のほうにも、憧れに近い感情を抱いたこともある。様々な生き方や恋の形に引き込まれていくのだ。
     しかし現在、私は主人公である光源氏を好かない。これは光..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。