[論文の判例]代理母出産関係の必要判例

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数34
閲覧数942
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    代理母出産・代理懐胎に関する論文を執筆するにあたって、最低限必要となる4つの判例です。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    代理母出産関係の必要判例
    判例ID 27002141
    要  旨 1.
    母と非嫡出子間の親子関係は、原則として母の認知をまたず、分娩の事実により当然発生する。
    2.
    母と非嫡出子の親子関係は、母が子を認知したかどうかを確定しないでも、その分娩の事実を認定しただけで、親子関係の存在を確認することができる。
    裁判年月日等 昭和37年 4月27日/最高裁判所第二小法廷/判決/昭和35年(オ)第1189号
    事件名 親子関係存在確認請求上告事件
    裁判結果 棄却
    上訴等 確定
    裁判官 藤田八郎 池田克 河村大助 奥野健一 山田作之助
    審級関係 第一審   昭和34年 1月30日/東京地方裁判所/民事第1部/判決 判例ID:27203227
    控訴審   昭和35年 7月25日/東京高等裁判所/第1民事部/判決 判例ID:27203228
    参照法令 民法779条/人事訴訟法
    出典 最高裁判所民事判例集16巻7号1247頁
    家庭裁判月報14巻8号138頁
    判例評釈 門坂正人・民商法雑誌48巻3号76頁1963年6月
    川崎秀司・家族法判例百選〔別冊ジュリスト12〕88~89頁196..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。