民法総則2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数395
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:時効制度の存在理由につき論じよ。
    要約:時効の存在理由として、伝統的に挙げられる3つの理由につきそれぞれ言及し、その上で法定証拠説からの批判へと繋げる。学説として、実体説(権利得喪説)、訴訟法説(法定証拠説)を挙げて、これらと存在理由を関連させて検討している。
    字数が約2500字のレポート

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    民法総則2
    課題:時効制度の存在理由につき論じよ。
    要約:時効の存在理由として、伝統的に挙げられる3つの理由につきそれぞれ言及し、その上で法定証拠説からの批判へと繋げる。学説として、実体説(権利得喪説)、訴訟法説(法定証拠説)を挙げて、これらと存在理由を関連させて検討する。
    答案:まず初めに、時効とは、時の経過によって法律関係が変動することであり、この時効制度には、取得時効と消滅時効とがある。①取得時効とは、一定時間の経過によって権利を取得する制度である。また、②消滅時効は、一定間権利が行使されなかったことにより、その権利が消滅してしまうものである。
    次に、時効の存在理由についてであるが、これに関しては、民法の規定する効果に着目する立場と、時効制度の存在理由から出発する立場とに見解が分かれている。以下において、この2説に関して詳しく論述することにしたい。
    第一の見解とし①権利得喪説は、民法162条「取得する」同法167条「消滅する」との規定があることから、時効を権利の得喪原因とみて、一定の事実状態が一定期間継続することにより、権利の取得または消滅を生じさせる法律要件であるとする立場であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。