不法行為:交通事故 論点まとめ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数263
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    未成年者が無免許運転で人身事故を起こした場合、問題となる点を事例をもとに検討する。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    交通事故 事例 中学2年生の甲と乙は、毎晩のようにそれぞれの両親の目を盗んでは、夜中に二人で遊んでいた。やがて二人は、自転車の窃盗や運転をしたり、車内の物品を盗んだうえで放置する行為を繰り返すようになった。11月23日の深夜、甲は、路上に鍵をつけたまま駐車してある小型車両を盗み、乙宅へ運転して行き二人で朝の4時頃まで乗り回した。次の日学校で会った二人は、遠くの街までドライブに行くことにした。なお、本件車両は塗装会社丙社がリース会社丁社と契約をしているリース車両であった。 25日の朝、甲は車を運転して乙宅までを迎えに行き、乙を助手席に乗せてドライブに出かけた。しかし、乙は途中でパトカーを発見し、自分たちを捕まえようとしていると誤信し、甲に「逃げろ」と告げ、更に警察の検問を発見したため、甲はあわてて車両を加速させたところ、道路工事現場で交通整理員として立っていた戊に衝突した。被害者は脳挫傷と左大腿骨腓骨骨折の重症を負い、植物状態となり、約二年後に症状固定と診断され後遺障害等級1級3号と認定された。誰が誰に対して、どのような根拠で損害賠償を請求できるか。参考:両親との関係について甲の両親は夜..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。