佛教大学 Z1117教育方法学1 科目最終試験⑥題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数628
ダウンロード数45
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    ●最新版の科目最終試験問題の解答です。
    ●教科書に忠実に、600~800字程度でまとめています。
    ●私は現在、単位はすべて習得済みです。およそ80~100点をつけて頂いているので、完成度には自信があります。
    ●資料を丸暗記、もしくは自分の意見をプラスすれば高得点だと思います。
    ●レイアウトにも気を配り、見やすい資料に編集済み。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1117 教育方法学1(中・高)
    ①多様な学習者や社会変化に対応できる柔軟な授業が求められている。これを実践するために教員に求められる教育技術と、その技術を教師間で共有化していく方法を説明しなさい。
    授業において我が国では、教授者によって何が教えられたかに重心を置く「内容教授主義」とも言うべき価値観があった。しかし、格差の是正や学習者の多様なニーズに答えるにはこの方法では限界がある。今後は、柔軟な授業において、子どもに何が習得されたかを問う「能力習得主義」へ移行する必要がある。  
    その際、教師は学習者のニーズをつかめないまま、教える側の「教えたい内容」ばかりを押し付ける方法では、魅力のある授業とは言い難いので、教える側の専門性と学ぶ側の学習ニーズが一致した授業展開ができる技術が必要である。それは、子どもたちが学習する際に、なぜその学習か必要で、どのように達成するのかに応じた学習目標を設定し、それに準じて適切な方法や知識、環境や道具などを選ぶことになる。そのためには、教師間で子どもの情報を共有し、教えられる子どもの側の性質や実態をきちんと把握すること。そして、子どもたちに一番興味関心..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。