佛教大学 Z1115道徳教育の研究 科目最終試験⑤題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数473
ダウンロード数16
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    ●最新版の科目最終試験問題の解答です。
    ●教科書に忠実に、600~800字程度でまとめています。
    ●私は現在、単位はすべて習得済みです。およそ80~100点をつけて頂いているので、完成度には自信があります。
    ●資料を丸暗記、もしくは自分の意見をプラスすれば高得点だと思います。
    ●レイアウトにも気を配り、見やすい資料に編集済み。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1115道徳教育の研究 科目最終試験
    ①学校における道徳教育の役割について述べよ
    学校における道徳教育の役割は、人間性の養成・確立という、「人間の生きる道」を身に付けることである。人間の生きる道とは、「個人の尊厳」「人格の完成」「平和的な国家及び社会の形成者」といった教育基本法の理念を代表としつつ、学校という場で、教師や友人とともに学び合い、存在感と自己実現の喜びを味わうことで人生をよりよく生きていくために身に付けていくものである。
     
    また、子どもたちに必要とされる人間性とは,柔らかな感性、正義感や公正さ、人権を尊重する心などの倫理観、思いやりや社会貢献の精神など感性及び道徳的価値を大切にする心である。このような心の育成を図るのが心の教育であり、その基盤として道徳教育がある。子ども自らが学ぶ意思や意欲をもち,未来へ夢や目標を抱き、自己責任を果たし,自分の利益だけでなく社会や公共のため何ができるかを大切に考える豊かな心をはぐくむことが重要である。
    これまでの戦前・戦後の道徳教育についてみてみると、教育により子どもたちの道徳性は大きく左右されることが分かる。道徳教育は人格の形成にかかわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。