佛教大学 Z1104 教育社会学 科目最終試験⑦題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数323
ダウンロード数11
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    ●最新版の科目最終試験問題の解答です。
    ●教科書に忠実に、600~800字程度でまとめています。
    ●私は現在、単位はすべて習得済みです。およそ80~100点をつけて頂いているので、完成度には自信があります。
    ●資料を丸暗記、もしくは自分の意見をプラスすれば高得点だと思います。
    ●レイアウトにも気を配り、見やすい資料に編集済み。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1104 教育社会学 科目最終試験
    ①いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題でない事について説明せよ。
    いじめの原因は大きく四つに分類できる。
    ①性格原因説・・・いじめの原因を被害者や加害者の性格に問題を起因させる考え方。加害者は「無神経・落ち着きがない」被害者は「小心者・依存的性格」など性格に問題がある見方をして、両者の性格を直せば回避できるとした。
    ②機会原因説・・・いじめの発生はきっかけに過ぎず、所属している集団の状況や雰囲気により左右される説。この場合、個人のどのような特性もがいじめのターゲットになる。子どもの世界では「普通」であることが求められ「違い」があれば排除の対象になる。
    ③いじめの四層構造論・・・いじめは、「被害者」と「加害者」に加え「観衆」や「傍観者」を含めた「いじめの四層構造論」であるとする説。いじめは、はやしたてる、見て見ぬふりをするなど、観衆や傍聴者が同調や容認する態度をとることでエスカレートする。
    ④ストレス原因説と規範意識欠如説・・・いじめの背景には加害者の何らかのストレスや欲求不満が関係しているという説。また、こどもの規範意識の崩壊や道徳性の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。