Z1117教育方法学1(中・高) 設題1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数321
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『最新版』 佛教大学通信教育課程の合格済みレポートです。
    ●図書館で資料を集めてから作成。参考文献も記載しています 
    ●文章構成やレイアウトにも気を配りました。
    ●設題の意図を正確に捉え簡潔にまとめています。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題 従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して、主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    ○はじめに
     現在の激変する社会の中で生きていくためには「学ぶ力」を育成することが重要とされ、学習者の「主体的な学習」の重要性が増している。授業においては、従来の知識伝達を重視した授業から、自分で課題を見つけ、自ら学び、考え、主体的に判断・行動し、よりよく問題を解決する能力を育成する授業が求められている。同時に、従来の、読み・書き・計算を中心とした系統主義教育から、見る・聞く・話すことを中心とした経験主義教育へとシフトしている。 
    また、新学力観では、学力は知識、技能、関心、意欲、態度の五つの要素があるとされる。これまで学力の本体を支える土台とされていた関心、意欲、態度といった項目が同等の水準で扱われており、それらを総合して学力が評価されるようになったのだ。
     本論では、まず授業の設計について述べ、次に指導形態と学習形態について内容をまとめ、授業設計の比較と留意点を述べる。最後に2タイプの授業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。