Z1118教育相談の研究 設題1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数76
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『最新版』 佛教大学通信教育課程の合格済みレポートです。
    ●図書館で資料を集めてから作成。参考文献も記載しています 
    ●文章構成やレイアウトにも気を配りました。
    ●設題の意図を正確に捉え簡潔にまとめています。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題 学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動論等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    本稿では、学校における各種指導と教育相談(学校カウンセリング)の関連を整理し、これからの学校で必要とされる、教師による教育相談的指導について理解することを目的とする。また、引用の取り決めとして、『学校カウンセリング入門』を引用したものは文末に(1)と表記し区別する事とする。
    各種指導と教育相談について論じる前に、成人対象の一般カウンセリングと学校カウンセリングの違いを述べる。一般的なカウンセリングは「治療的カウンセリングと」呼ばれる。その目的は、専門的な知識と技術により、神経症の患者を治療することにある(1)。それに対して、児童・生徒を対象とする学校カウンセリングは「発達援助的カウンセリング」と呼ばれる(1)。その目的は、児童・生徒の流動的な、心的構造のイド・自我・超自我がバランスよく成長するよう援助する事である(1)。本論で取り上げるのは、この「学校カウンセリング」である。
    学校カウンセリングを発展させるきっかけになったのは、一九九五年度からスタート..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。