14_随意運動と表面筋電図

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,234
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生理学実習NAVIという教科書に基づき、実験した際の提出レポートです。
    実習14  随意運動と表面筋電図の実験手順、結果、考察、参考文献を記しております。
    実験データは私個人のもの1件となります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生理学実習レポート p1
    実習14  随意運動と表面筋電図
    1. 目的
    2. 方法 被験者 A 性別:女  年齢:30歳 実施日 H24年10月18日
    18:00~21:10
    実施場所 基礎医学実習室
    室温 24℃
    使用器具 □ 皿電極(銀-塩化銀電極) □ 消毒用アルコール綿
    □ 電極のり □ 紙テープ
    □ 握力計 □ アンプ
    □ オシロスコープ □ レコーダー
    実習内容
    1.
    2.
    3.
    4.
    1.
    2.
    3.
    4.
    アース(接地)電極は前腕に装着し,接地(E)の入力端子に接続する.
    5.
    1.
    2.
    3.
    1.
    2.
    3.
    肘関節を屈曲・伸展させた際(等張性運動時)の筋電図を記録する.
    等尺性運動時の筋電図を記録する.
    実施 14-2.総指伸筋と尺側手根屈筋の筋電図測定
    等尺性運動時の筋電図を記録する.
    実習14  随意運動と表面筋電図
    ◎方法 14-1.機器の操作
    ◎方法 14-2.電極の装着
    実施 14-1.上腕二頭筋と上腕三頭筋の筋電図測定
    アース線を接地端子に,電源コードをコンセントに接続し,主電源をオンにする.
    アンプの増幅度(gain)は0.2mV,フィルターはLow..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。