2_運動神経刺激による筋収縮

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数717
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生理学実習NAVIという教科書に基づき、実験した際の提出レポートです。
    発展2  運動神経刺激による筋収縮の実験手順、結果、考察、参考文献を記しております。
    尚、今回、麻酔薬(ウレタン)を用いた手順以降については触れておりません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生理学実習レポート p1
    発展2 運動神経刺激による筋収縮
    1. 目的
    2. 方法 実験対象 ウシガエル 実施日 H24年12月13日
    18:00~21:10
    実施場所 基礎医学実習室
    室温 25℃
    使用器具 □ ハサミ(大,小) □ ピンセット(大,小)
    □ 糸 □ ニッパ
    □ シャーレ □ リンガー液
    □ ゾンデ変位計 □ キャリアアンプ
    □ レコーダー □ 電気刺激装置
    □ 刺激電極 □ 電気ピンセット
    □ スタンド □ 骨クランプ
    □ 秤
    準備 1.リンガー液を作製( 1ℓ中に, NaCl:6.0g, KCl:0.075g, CaCl2:0.1g, NaHCO3:0.1g ).
    2.キャリアアンプ,レコーダー,電気刺激装置の電源コードをコンセントに,
    アース線を接地端子に接続し,主電源をオンにする.
    3.変位計,骨クランプ,刺激電極をスタンドに固定する.
    4.変位計をキャリアアンプに接続する.
    5.電気刺激装置のパルス幅を0.5ミリ秒,周波数(刺激頻度)を0.5Hz,電圧を0にしておく.
    刺激電極と電気刺激装置を接続する.
    6.アンプとレコーダーを接続する.
    レコーダーのチャー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。