【2013】【明星大学】【保育学1】合格レポート(1.2単位)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数646
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1 単位目 保育とは何かということを、子ども観との関連で論じなさい。
    2 単位目 一般的に考えられる保育の意義について論じなさい。また、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」では保育の重要性についてどう言っていますか。
     【本文】
    保育学1  1単位目
    子どもとはどういう存在かという点について、その本質を考える際に必要なことは、子どもの生活の実態を把握することである.目の前にいる子どもの理解が出来なければ、保育の実践は決して子どもに寄り添ったものにはならない.よって、子どもの生活の実現についての問題点を三つあげていく.
     まず一つ目の問題提示は、子どもの自由がないという点である.具体的には、自由に遊ぶ時間がないといったことである.習い事の低年齢化、英才教育の普及によって、子どもの遊ぶ時間は確実に減ってきている.子どもとは、自由に遊ぶことにより自分とは何か、仲間の存在とは何か、様々な経験や発見により、より良く成長していく.保育者の意向によって、子どもに習い事をさせることは、子どもの自由を束縛し、管理下によって窮屈だと感じさせる原因に成り得る.常に予定が詰まっている生活習慣では、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。