【2013】【明星大学】【初等教育実習指導】合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,918
ダウンロード数60
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    !要注意! 課題内容(というか教授)によっては、不合格連発の要注意科目です。早めの履修をオススメします。

    ※ 年度や担当教授によって問題が異なるようです。問題をご確認の上、ご購入ください。

    → 2012年度夏の問題はこちら

    http://www.happycampus.co.jp/docs/947666075574@hc13/108715/

    また、他科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1.全日経営の重要性について説明し、実践に際して留意すべきことについての考えを述べよ。
    2.教育実習においては、何よりも児童との積極的な関わりが求められる。その意義について学んだことを基盤に、関わり方の方策について、自分の考えを述べなさい。
    【講評】
    合格
     【本文】
    1、全日経営とは、丸一日学級を受け持つということである。担任の先生方が毎日行っていることである。朝、教室で児童たちを迎え、宿題や連絡帳を集める。児童の顔を見て、健康観察をする。職員室にて、朝礼をし、連絡事項を確認したのち、クラスに戻り、一日の連絡をする。歌を歌ったり、本を読んだりし、一時間目の授業が始まる。かかせないものが、全日経営案である。授業、中休み、給食、清掃、昼休み、帰りの会と、一日の流れとそれぞれの時間の内容、準備などが一目でわかるものである。一日の目標を立て、さらには振り返り、反省をする。また次の一日へと反省を生かして取り組んでいくためにかかせないものである。それまでの実習中に学んだことを生かし作るものである。
    実習中は、自分が教壇にたつ機会もあまりなく、指導教諭の指導法をみることが中心だった時間が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。