【2013】【明星大学】【化学概論2】合格レポート(2単位目)※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数367
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    1.半合成ペニシリンについて説明して下さい。
    2.半導体について簡潔に説明して下さい。
    3.環境問題を一つ取り上げ,その解決方法を論じて下さい

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ※ 2013年度のレポート課題と、2014年度、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2014年度、2012年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1.半合成ペニシリンについて説明して下さい。
    2.半導体について簡潔に説明して下さい。
    3.環境問題を一つ取り上げ,その解決方法を論じて下さい。
    【講評】
    良く書けています。
     【本文】
    ①「半合成ペニシリン」とは一体なんだろうか?この言葉を説明するに当たって、まず抗生物質とペニシリンについて考えてみたい。
    かぜがこじれて肺炎や気管支炎の怖れがでると抗生物質を使う。抗生物質とは微生物がつくりだし、ほかの微生物の発育を阻止する物質の事である。抗生物質の代表はペニシリンである。ペニシリンは感染症に対して非常に効果を発揮した薬であるが、長く使っているうちにペニシリンに抵抗する菌がでてきた。耐性菌である。この問題を解決するためにペニシリンの分子構造の一部変えたものがいろいろ合成されてきた。これが「半合成ペニシリン」である。天然のペニシリンをものにした半合成ペニシリンの例がメチシリンである。ペニシリンの種類としては、フレミングが見つけたアオカビ溶媒液から精製した「天然ペニシリン(ペニシリンGなど)」、天然ペニシリンを生産するアオカビの培養液に別の原料を人為的に添加してアオカビに合成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。