【2013】【明星大学】【教職実践演習】合格レポート(2単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,860
ダウンロード数176
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 本科目は、最終科目という事もあり、レポートの不合格者が続出しています。いかに自分の考えをしっかりと述べ、具体的な実践を思い描けているかが重要な気がします。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1.  子どもたちの目線に立った学級経営と生徒指導とは何か。その在り方について、教育実習や学
    校ボランティアなど教育・保育現場での体験を踏まえ具体的に論じなさい。 
    2.  学習指導等における柔軟な実践力と教師の権威・責任についてあなたの考えを述べなさい。 

    【講評】
    1.2ともに、子どもに寄り添い実践しようとする貴殿の思いが伝わってくる良いレポートでした

    ●子ども達の目線に立った学級経営と生徒指導とは何だろうか。今回は、その在り方について考えてみたい。
     まず学級経営について考えたい。学級経営において、子どもの目線に立つ事の重要性は、自分自身の学生時代を振り返ると容易に想像ができる。私自身が学生だった頃の一点目として、「教師の言葉の重み」が考えられる。教師が行う学級経営を、自分の気持ちを押し殺してでも、疑う事なく受け入れていた自分が思い出される。二点目として、「教師との考えの相違」があげられる。上記も挙げたように、自分が思っていた考えと違っていても、従わざるを得ない環境が存在していたように思う。
     そのため、「教師は一方的に学級経営ができてしまう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。