★【2013】【明星大学】【道徳教育の指導法(小学校)】合格レポート(2単位目)※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,773
ダウンロード数77
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    小学校5.6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。
    なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。  

    ※ 2013年度のレポート課題と、2012年度、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2012年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第5学年 道徳学習指導案
    1.主題名 挫折と努力  1-(2)希望、勇気、不撓不屈
    2.資料名 日本男児(ポプラ社)
    3.主題設定の理由
    ねらいとする価値について
    第5学年及び第6学年の内容項目の1-(2)は、「より高い目標を立て、希望をもってくじけないで努力する」である。これは向上心を持ち、勤勉に希望と勇気をもって、努力をする児童を育てることが目的にあると考える。現在、日本経済の出口のない不況の中にある。その中で生まれた子供たちは、悲観的な将来を想像し、夢のない子供や、安定や安心を欲する児童が非常に多い。まだ無限に希望がある児童たちに向け、頑張ることで夢の実現の可能性が高まるという思いを持ってほしいと考える。その原動力となる、くじけず頑張る意志は、成功者の実体験を学ぶことで生まれるのではないだろうか。目標を向けて諦めずに努力を続けることの大切さを感じてもらいたい。
    資料について
     長友選手の生い立ちから始まるサクセスストーリーである。両親の離婚により貧しい生活を過ごし、さらに追い打ちをかけるようにユースチームのセレクションに落ちてしまう。サッカーは続けたものの、不良たちとつるみ、練習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。