【2012】【明星大学】【社会】合格レポート(1単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,088
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    1.社会科と道徳教育の関係を、史的な側面も視野に入れて検討しなさい。
    2.小学校社会科の第6学年の目標と内容を分析しなさい。

    ※ 2013年度のレポート課題と、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。
    ※ 2012年度のレポート課題と、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、課題が異なるようですので、参考程度にご覧ください。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 社会科と道徳教育の関係を、私的な側面も視野に入れて検討。

    社会科は社会状況の影響を常に受け続ける。つまりは、いつの時代も課題を抱えていることになるのだ。ここでは、その課題の一つである他科目との関連について、中でも道徳との結びつきについて述べていきたい。
     日本においての道徳教育は、戦前まで修身という教科を中心に行われており、もっとも重要な教科とされていた。戦後、修身そのものの在り方は否定されなかったものの、アメリカのGHQにより停止されることとなる。
     修身の反省から、代わるものとして、公民科教育構想が日本独自に挙げられた。道徳の要素を多く加味しつつ、扱う内容は社会科に非常に近いものであった。ここに新時代の道徳教育の基礎が築かれたと言える。しかし、この構想は実現には至らなかった。
     そして、道徳教育は社会科へ融合、一体化されるのである。戦前の修身、公民、地理、歴史などが一つになり、知識教授が中心となった。このことにより、道徳教育は社会科を中心として、教育活動全体で行うこととされた。しかし、指導方法やカリキュラムが確立していたとは言えず、社会科の実現は困難を極めた。道徳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。