【2012】【明星大学】【初等国語科教育法】合格レポート(2単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,284
ダウンロード数98
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    今、どのような指導法が求められているか。歴史的な経過や小学校学習指導要領の構成に留意し
    て自分の考えをまとめましょう。

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013年度、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科の教育は戦後、「聞く」「話す」「読む」「書く」という言語活動を組織し、これらを統合して1つの主題の基に転換される単元学習に取り組んでいた。「なすことによって学ぶ」教育であったと言える。しかし、この単元学習は、1977年の学習指導要領の告示により大きく転換していく。経験を与えることを中心にしたものから言語の能力を育成するものへ質的な変更が成され、その内容は、言語事項、A表現B理解の1事項2領域に整理された。経験的学習では国語能力の育成は難しいといおう反省から、これ以降教科書の研究が進み、教えるべき価値を引出し、いかに教えるかを追求していったのである。また、この流れも偏差値教育として批判がな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。